2014年7月15日

株式会社ビューティープロ 代表取締役 荒井由美

株式会社ビューティープロ 代表取締役 荒井由美~美容業界の社会的地位の向上に貢献し、
     美容師さんの輝く未来を応援します!~


◆私と美容業界との出会い
リクルート求人広告営業マン時代、美容業界を知る事となりました。
まず、美容室の求人広告に関わり、その後、ビューティーナビの東海版の立ち上げのチャンスを得て、美容室のネット集客という所に関わりました。

まさに美容業界の「求人」と「集客」に関わり、
それが今の原点になりました。

それまでは美容室はお客として行く所。華やかだけど、なんとなく大変そうな業界。自分としてはお客として行く以外、縁のない業界だと感じていました。そしてまさかのご縁です。仕事で美容業界に関わるようになると、大変と感じた事、意外と感じた事、感動した事、様々な事がありました。


◆関わり始めた頃に感じた美容業界。
まず大変と感じた事は、電話をかけるタイミングが難しい事。(ご担当者が施術中ですとご迷惑をおかけしてしまいます)アポイントが夜遅い時間になる事。営業終了後なので、今では当たり前なのですが当初は、こんなに遅い時間から・・と大変に感じたものです。

そしてメール、FAXのやり取りが中々スムースに行かない。美容師さんはビジネスのやり取りが苦手な方が多いようでした。でもリクルートは〆切り厳守です。〆切り近くなるとなかなか原稿確認の連絡が取れないので、ストーカー(笑)のように電話をかけたりした事もありました。

そして意外に感じた事。美容師さんはちゃらちゃらして見えるのに(すみません・・)、とても勉強熱心!スタイリストになるまでにアシスタント、ジュニアスタイリストというプロセスを経るという事も知りませんでした。営業後に練習をされたり、休日返上して講習会に行かれたり。私たち一般企業の会社員に比べると、本当に良く勉強されている、頭が下がる、と感心したものです。

そして感動した事。夢や美容に対する熱い思いを語る経営者の方、スタッフさんがとても多いという事。そうか、美容師と言う職業は「なりたくてなる」職業の代表です。幼いころから美容師に憧れて専門学校へ行き、そして、美容師になる。一般企業に就職する場合とは全く違います。「好きな事を仕事にできている」ほんの数パーセントの恵まれた人達。

私にはそう映りました。だから、皆さん、ひたむきで純粋でキラキラしている。


◆美容師という職業の真実、問題点を知る。
私は美容師と言う職業の真実を知りました。

美容師さんの純粋さ、ひたむきさ、愛すべき個性的なキャラクターに魅かれ、そして、何よりも、美容師という『人を美しくして感謝される』という類まれな素晴らしい職業をとても応援したくなりました。

一方で、求人(人材確保)の難しさ、10年後は殆ど美容師として残らないという驚くほどの離職率の高さ、教育問題、経営面の問題等、美容業界の抱える問題点を知るようになりました。美容室経営者の方々と日夜お話しをし、現場の生の声をくみ取る形で何か美容業界に貢献できないだろうか、と強く感じるようになりました。


◆美容業界に特化した事業で起業
丁度20代の頃から念願としていた起業を考えている時期でしたので、私は自らに「美容業界の救いの女神」「美容業界の応援団長」というアイデンティティーを課し起業を決意しました。

そして、「美容業界を活性化したい!」その事を目標に掲げ、その為なら何でもしよう、と突き進み、現在の様な事業ができるまでに成長致しました。


◆ビューティープロの使命
ビューティープロの使命は、一言で申し上げれば「美容業界の活性化への貢献」です。

まず、美容師という職業の素晴らしさを社会に認知して頂く事が大切です。例えば子供が美容師になりたい!と大人に話した時に、「それは良い仕事だね!」と夢を認め応援してもらえる状況を作ること。(今は残念ながら、小学生では大人気の美容師という職業も高校生になると一気に人気度が落ちています。大人たちの美容業界に対する偏見、理解度が足りないと感じています)

そして、美容業界の社会的地位の向上です。社会(大人たち)に認知してもらう為に一般業界に肩を並べる社会的地位に向上させる事が大切です。その為に取り組むべき事はたくさんあります。簡単な事では、言葉使い、立ち振る舞い、社会人意識の持ち方から改善する必要性を感じています。雇用環境、教育面の改善も急務です。

その為の大前提は安定した経営を行う必要があり、ビューティープロでは美容室経営の成功は求人・教育・集客の3本の矢が揃う事が重要と考えます


◆まずは求人に強いサロンになる
どのひとつが欠けてもうまく行きません。では、どこから手を付けようか、という話しですが、当社はその中でもまずは求人がうまく行くサロンになる事が大切だと考えます。安定した人材確保の状況が作れてこその成功です。特に美容業界は人が全てです。

人材問題は美容業界に限られた事ではありません。4人に1人が65歳以上という少子高齢化社会がとうとう来ました。人口は減少し働く若者の数も減っていきます。飲食業界でも若者の労働力確保が大変難しい状況です。そして仕事への価値観の変化。やりがいや夢を追いかける若者が少なくなり、安定志向は美容業界にも大きく影響し、雇用がとても厳しい状況になっています。

美容師になりたい若者は減少してきていますし、一方では美容師を辞めて、美容業界から去る人たちも多くなった様に思います。求人広告を出しても全く人が集まらない状況が続いています。


◆美容師になろう!戻ろう!続けよう!
そこで当社が考え取り組んでいるのが「美容師になろう!」という求人誌を通して、美容師になりたい若者を増やし、「美容師に戻ろう!」というプロジェクトを結成して、結婚や子育てで一旦業界から去った人たちにカムバックして貰おう、という事です。

そして、「美容師を続けよう!」です。新たな人材確保が困難な今、今居るスタッフの皆さんに途中で挫折しないで、美容師をいかに続けて頂くか。この取り組みがとても大切なものになって来ます。美容師になろう!と夢を抱いて国家資格を取得し、念願の美容室に就職できたのに、あっと言う間に辞めてしまう・・なんて悲しいことでしょう。

男性美容師さんが30歳位になると、美容師を続けるか、異業種に転職するか悩むと言います。特に結婚し子供ができると、経済的理由から、異業種に転職する方が多いと聞きます。確かに、10年後美容師を続けている方が減るわけです。


◆サロンのつまずくポイントは同じ
美容師を続けられない、この問題の解決を考えると、やはり行きつく所は、美容業界の社会的地位の向上、美容室経営の成功です。「求人」「教育」「集客」という3本の矢が揃う様、ビューティープロが全力であなたのサロンのお手伝いをさせて頂きます。

私たちは数々のサロンの成功例、失敗例を客観的に見てきました。すると、驚くべきことに、つまずくポイントはどのサロンも同じです。例えば、成長に加速がかかると、逆に不安が広がり人が辞めて行きます。オーナーが夢を語れば語る程スタッフは冷めていきます。

どうしてそうなるのでしょう。その地雷を避けて、あるいは避けられないまでも覚悟して通れば無駄な失敗をしないで成功により早く近づく事が可能です。私たちは「あそこに地雷がありますから気を付けて通りましょう」と安全で近道を通ることのできる道しるべとしての役割を担います。


◆サロンのコーチングカンパニー
ビューティープロのポジションは「サロンコーチ」です。聞き慣れない言葉だと思いますが、私たちは何度も議論を重ね、在り方を「サロンコーチ」としました。

「コーチ」とは、1500年代の頃、「馬車」を意味する「Coach」という言葉から、「大切な人をその人が望むところまで送り届ける」という意味が派生したところに由来するそうです。コーチとはティーチングやコンサルティングが正解を教えて指導する在り方とは違い、クライアントが「自ら望んで行動をおこせる」ように、対話を通してサポートします。

私たちは「サロンコーチ」という新たなアイデンティティーを得て、クライアント、即ち、サロン経営者の皆さんが自らの意思で主体性を持って行動をおこせるように、サポートさせて頂きます。第一歩は主体性を持ち、当事者となる事です。美容業界を変えて行くのは私たち一人一人に課せられた使命なのです。

私たちの合言葉は「輝く未来」です。
美容業界の未来を共に明るくして行きましょう!

今後ともビューティープロを宜しくお願い致します。


株式会社ビューティープロ
代表取締役  荒井由美

2014年7月14日

美容室経営の成功のカギは、ズバリ!「求人」です。

美容室経営の成功のカギ! 美容室が成功する為には立地、集客、売上、人材確保、育成など、様々な要因がからみあっていますが、ビューティープロが提唱させて頂く美容室経営の成功のカギは、ズバリ!「求人」です。

「超人手不足時代がやってくる」と言われます。2014年4月、32年ぶりに15~64歳の生産年齢人口が8000万人を割り込んだと発表されました。一方で65歳以上の高齢者(老年人口)は過去最高の25.1%(4人に1人)に達しています。

このまま働き手は減り続け、折角登り調子になってきた日本経済に暗雲が立ちこめています。すでに「介護」「建設」「保育」「看護」の分野などで、若年労働者の激しい争奪戦が繰り広げられ、飲食業界においても牛丼チェーン店が時給1500円でも人が集まらない、「スタッフ募集」のデカデカとしたポスターが貼られ、みな人材獲得に必死です。女性やシルバー人材、または外国人の受入れ等により活路を見出そうとしており、飲食店やコンビニエンスストアにおいて外国人のスタッフを本当に良く見かけるようになりました。

この現象、美容業界においても決して他山の石ではありません。
美容業界の場合は外国人を採用するわけにいかず、何といっても「国家資格」という高いハードルがありますので、より厳しいかもしれません。

今、まさに求人戦国時代!!
と言っても過言ではありません。本当に美容師さんの採用が難しくなったと、10年以上美容師さんの求人に関わっていますが、データ云々よりも実感しています。求人広告に出してもまったく人が集まらない状況が続いています。

では、少し美容業界の現状を見てみましょう。
例えば、2014年3月31日に発表された国家試験の合格者数を見てみると、美容師国家試験合格者が15,302人。全国の理美容室の件数が約17万件(22万件というデータもあります)としても約10サロンに1人の割合です。愛知県の某美容学校でも学生の数以上に求人票が全国から集まると言います。完全に学生の数以上に求人数が上回っています。全国的にその様な状況ではないでしょうか。

第29回 合格発表結果
理容師国家試験 美容師国家試験
受験申込者数 1,459人 受験申込者数 19,411人
受験者数 1,430人 受験者数 19,063人
合格者数 952人 合格者数 15,350人
合格率 66.6% 合格率 80.5%
(公財)理容師美容師試験研修センター発表

それ以前の申込者数と合格者数は下記の通りで、国家試験の制度変更後、受験申込者数・合格者数は2005年をピークに減少傾向にあります。
2011年(第23・24回美容師国家試験)の合格者数は1.85万人となり、合格者数がピークだった2005年と比較すると約4割合格者が減少していることになります。

美容師国家試験の年別合格者数・受験申込者数推移

美容師国家試験の年別合格者数・受験申込者数推移

また下記の表をご覧下さい。美容専門学校の入学定員と入学志願者数の推移です。よく言われるように1999年に『シザーズリーグ』、2000年にキムタク主演の『ビューティフルライフ』が放映されていますが、この年を境に志願者数がグッと伸びています。ところが徐々に入学志願者数が減り、2005年に定員数と入学志願者数が逆転し、その年を境に定員割れの状態になりました。

美容専門学校の入学定員と入学志願者数

美容専門学校の入学定員と入学志願者数

ただ、若者の人口自体も減少し続けています。例えば18歳の人口に対する美容専門学校入学者の割合は高くなっているというデータもありますので、一概に「美容師になりたい学生が減った!」とは言い難い状況があります。とはいえ、サロンの求人数に対して美容学生の数が圧倒的に少ない事は事実で、この傾向は続くと思われます。サロンは「人の手」こそが経営資源。人が入らなくなるサロンはやがて衰退して行きます。オープンしたのに人が集まらず苦労されている美容室をたくさん知っています。本当にどうしたものかと頭を抱えてしまいます。「人さえいれば・・」そんな経営者のため息が聞こえるようです。

ただ、求人がうまくいっているサロンも存在するのは事実です。うまくいっているサロンに見える共通点があります。そこで、ビューティープロはあなたのサロンの求人コーチとして、今までの経験を元に「求人に強くなるサロン」にチェンジするお手伝いをさせて頂くと共に、求人に有効な手段、ツール類をご提案、制作させて頂きます。

「求人コーチ」があなたのサロンを「求人に強いサロン=成功」に導きます。

求人コーチコーチとは、教えるのではなく、導く人。
「求人コーチ」があなたのサロンを「求人に強いサロン=成功」に導きます。求人に取り組むと、チームワーク強化、サロン活性化、という思いがけない相乗効果を生みます。

是非、体験されてみてはいかがでしょうか。

【求人コーチメニュー】 
■求人初心者コース
~こんなサロンオーナーさんに~
独立してスタッフも4~5人に増え、売上も軌道に乗り、新人の受け入れ態勢、教育体制もなんとか形になってきた。これから成長して行きたい!新卒を採用してサロンを活性化し育てて行きたい。

でも・・
・新卒求人をやった事がない。
・求人票の送り方がわからない。
・美容学校とどんな風に関わればいいのかわからない。
・サロンの強みがわかるけれど、うまく表現できない
・どんな人材がふさわしいのかわからない
・面接のやり方が自己流で果たしてこれで良いのか。

求人コーチがイチから丁寧にアドバイス致します。

○料金/6回コース 21万円※税別(分割払い可/月3万5000円〜)

メールでのお問合せ・ご相談はこちら

■求人仕組み化コース
~こんなサロンオーナーさんに~
独立して7年が経った。スタッフも10人を超え、2店舗目もそろそろ見えて来た。新卒も毎年ではないが入り、4年目、2年目のスタッフも頑張っている。社会保険もそろそろ完備できるし、新卒者を毎年最低2人以上は採用でき、しっかり教育できるサロンに成長したい。

その為には・・
・場当たり的な新卒求人をしっかり仕組みにしたい
・新卒学生に目に止まるツール類を整備したい
・サロンを更にブランディング化したい。
・面接の精度を高めたい。
・ガイダンスでの成功確率をあげたい。

求人コーチと共に求人に強い仕組みを作りましょう!

○料金/12回コース 60万円※税別(分割払い可/月5万〜)

メールでのお問合せ・ご相談はこちら

求人コーチ導入事例「求人仕組み化コース」を実施した美容室の事例を紹介します。
求人コーチ導入事例について詳しくはこちら

求人の為のサロンブランディングビューティープロでは求人活動にサロンブランディングは欠かせないと考えます。お客様を呼ぶ為のサロンブランディングは出来ていても、求人となるとどうでしょう。

あなたのサロンの強みを一言で、そして、スタッフ皆が同じ事を口にする、そんなサロンはなかなか無いのが現状です。けれども、求人に強いサロンは、その価値観が統一されています。

一度、自社のサロンの強みは何か、何の為に求人をするのか、サロンブランディングを考え、明確にしましょう。こちらは求人活動を本格的に始める前、会社案内を作成する前、などに実施していくと良いメニューです。

求人の為のサロンブランディングについて詳しくはこちら

求人ツールのご案内

ビューティープロは求人活動に必要な求人ツールをご用意しています。

おススメしているのは、「会社案内」の制作、「求人ホームページ」の制作、
そして、採用に必要な媒体もご用意しています。
新卒用求人誌「美容師になろう!」、美容師さんの復職支援を後押しするサイト「美容師に戻ろう」です。
求人活動に是非、ご活用下さい。

求人ツールのご案内については詳しくはこちら

東海・関東の元気なサロンの求人誌 「美容師になろう!!」美容師になろう!「美容師になろう!」東海版を2009年より、関東版を2016年より発行しています。
東海地方(愛知・三重・静岡・岐阜)・関東地方(東京・埼玉・神奈川・千葉・北関東)のサロンの求人情報を掲載し、全国主要の美容専門学校や、一部の高校へ配布しています。新卒採用のツールとして、サロンと求職者の架け橋として大きな役割を担っています。

「美容師になろう!!」について詳しくはこちら

東海の転職・再就職・ブランクのある美容師さんを応援する「美容師に戻ろう!」美容師に戻ろう

「美容師に戻ろう!」はママ美容師さんとサロンを繋ぐ架け橋です。
勇気を出して応募してみよう!そんなアナタはサロン検索をおススメしますし、いきなり応募は・・・というアナタには当サイトの求人コンシェルジェがアナタに変わって合うサロンをご紹介致します。
2015年2月にオープンしました。

「美容師に戻ろう!」はこちら

2014年7月13日

求人コーチ

コーチとは、教えるのではなく、導く人。
「求人コーチ」があなたのサロンを「求人に強いサロン=成功」に導きます。求人に取り組むと、チームワーク強化、サロン活性化、という思いがけない相乗効果を生みます。求人コーチの仕組み化コースを実施されたサロンの導入事例をご紹介致します。

求人コーチ導入事例

【三重県Aサロン様】
2011年1月~2012年12月まで合計12回実施。
2011年1月 2店舗 スタッフ12名
2014年4月 3店舗 スタッフ30名

■きっかけ
三重県で地域密着サロン、郊外型サロンを2店舗経営。サロンのビジョンは明確ですが、いかんせん求人がうまくいかない。新卒求人をして行きたいがやり方がうまくわからない、またスタッフの離職率が高い、などの悩みを相談される。求人の流れを作り、毎年一定の新卒入社があり、定着率を上げ、チーム力を強化することをテーマに求人コーチに取り組みました。

■実施
特に大切なのは初めの『なぜ、スタッフを募集し採用するのか』という点です。
オーナー以外、求人は自分とは関係のない事と思いがちですが、求人はサロンの繁栄の為であり、自分の給料に還元されるべき重要な事、と気が付くことでより求人活動を他人事でなく、自分事としてとらえ積極的に求人活動に関わる様促します。下記の表もご参照下さい。

■成果
サロンの意識が求人に向き真剣に取り組む事によって行動するようになる(求人広告を出す。ガイダンスに出る。美容学校へ訪問する。など)と、少しづつ求人広告への反応も出始め、サロン見学者も増えてくるようになります。意識し、行動すると変化が起こってきます。Aサロンにおいても、実施後から中途採用者、新卒採用者の応募が増え、入社も増え、2014年4月は10名の新卒者の応募がありました。

    参加者 テーマ ワーク
第1回 オーナーヒアリング オーナー 『現状の問題点と望む未来像』 自分の原点・価値観に気付く
第2回 求人ミーティング オーナー、幹部 『なぜ、スタッフを募集し、採用するのでしょうか?』 何の為の求人なのか。 企業理念を考える
第3回 求人ミーティング オーナー、幹部 『スタッフの辞めないサロンとは?』 スタッフはなぜ辞めていくのか
第4回 キックオフ
ミーティング
全員参加 『求める人材とは』 求める人材像について
第5回 求人ミーティング オーナー、幹部 『選考について考える』 採用基準の作成
第6回 求人ミーティング オーナー、幹部 『面接ヒアリング』 面接シートの作成
第7回 求人ミーティング オーナー、幹部 『面接ヒアリング』 面接シートの作成
第8回 求人ミーティング オーナー、幹部 『面接ロープレ』 面接のロープレ
第9回 求人ミーティング オーナー、幹部 『求人力アップ1』 求人関連ツール見直し
第10回 求人ミーティング オーナー、幹部 『求人力アップ2』 求人関連ツール見直し
第11回 求人ミーティング オーナー、幹部 『求人力アップ3』 ガイダンスロープレ
第12回 求人ミーティング オーナー、幹部 『未来への誓い』 決意表明

キックオフミーティングから第5回目ミーティングの間にスタッフ全員(12名)の個人面談を実施。
求人に強いサロンになる為には、サロンが一丸となる事が大切です。スタッフ一人ひとり面談する事により、内在する問題点を洗い出し、サロンの問題を整理し、解決方法を皆で考えるよう促します。
個人面談は愚痴や悪口を聞く場ではなく、未来起点マネジメントを基軸とし、「もっとサロンを良くするにはどうしたら良いのか」というポジティブシンキングの中から、本音を聞き出します。

2014年7月12日

はじめに

はじめにビューティープロでは求人活動に
サロンブランディングは欠かせないと考えます。

お客様を呼ぶ為のサロンブランディングは出来ていても、求人となるとどうでしょう。あなたのサロンの強みを一言で、そして、スタッフ皆が同じ事を口にする、そんなサロンがどれくらいあるでしょう。
(「仲がいいよ」は余りにも多くのサロンが言いますのでブランディングとは言えません。せめて、○○だから、仲がいいよ、と言えるようにしましょう)

けれども、求人に強いサロンは、その価値観が統一されています。

一度、自社のサロンの強みは何か、何の為に求人をするのか、
サロンブランディングを考え、明確にしましょう。
特にこれから求人活動を本格化されるサロンには是非取り組んで頂きたいと思います。

求人の為のサロンブランディングとは

求人がうまくいかない・・・
今年は採用ゼロ・・・・

と嘆く前に、あなたのサロンは「働きたくなるサロン」ですか?
今一度 見直してみましょう。

○サロンのビジョンを構築しましょう
○あなたのサロンの強みは何でしょう
○美容業界の未来は?あなたのサロンの未来は?
○では、何の為に求人をするのでしょう
○どんな人材が欲しいのか考えましょう
○面接の精度を上げる為にはどうしたら良いのでしょう
○求人活動における自分の役割を考えましょう。

そして・・
○あなたのサロンのサロンブランディングを明確にしましょう。

新人からベテランまで、スタッフ皆が口を揃えて
「ウチのサロンは○○○」と言える言葉を生み出しましょう。

そして、最も重要なのは、

サロンブランディングはあなたの行動とイコール
あなたの言葉や行動こそがサロンブランディングなのです。

こんなタイミングに是非受けて頂きたいメニューです。

■求人活動を本格的に始める前
■会社案内を作成する前
■就職ガイダンスに参加する前

内容について

サロンブランディングビューティープロでは「何の為に」を考え行動する事が物事を成功させる上で欠かせないと考えています。
求人活動をする前に「何の為に」を考え、多くの気付きを得られるプログラムになっています。

初めはオーナーのヒアリングからスタートします。サロンのビジョン、理念や方針について、ワークをしながら改めて明確にして行きます。

その後、幹部を交えて何の為の求人活動なのか考え、サロンの強みや、求める人材像などについてセッションして行きます。
そして、未来について語り合い、目指すサロンの在り方を共有します。最後は2回目でセッションし、共有したことを更に整理し、形にします。

そして、求人活動成功の為に一人ひとり何ができるのかをコミットします。

サロンブランディングが明確になり、オーナー、幹部がサロンの強み、未来、求人活動に対する想いを共有し、一丸となって求人活動に取り組む決意がゴールです。

内容 参加 時間
第1回 サロンの理念・方針について
ビジョン・未来について(ワーク)
オーナー 120分
第2回 美容業界の未来と展望・サロンの強み・求める人材について
(ワーク)
オーナー
幹部
120分
第3回 ツール類の確認・ガイダンスのロープレ
求人活動において私のできる事・コミットメント(宣言)
オーナー
幹部
120分

↓

「ブランディング」
私たちのサロンは○○○なサロン!!

3回コース 10万円※税別(3回の分割可)


2014年7月11日

求人ツールのご案内

ビューティープロでは求人に強くなるサロンになる為の必要なツールをご用意しています。
代表的なツールを下記に紹介させて頂きます。

  • 会社案内制作
  • 求人ホームページ
  • 美容師になろう!

2014年7月10日

会社案内制作

会社案内制作求人活動のツールとして欠かせないのが会社案内です。

会社案内を作る目的は自社(サロン)の事を求職者に知って頂く事ですが、ここで大切なのは「何を知って頂くか」と言う事。

ただ、作るのではなく、会社案内を作る過程において、改めて自社(サロン)の強みや特徴を認識し、何をどう伝えるのか一緒に考え、単なるカタログではなく、
想いのこもった会社案内を作成しましょう。

会社案内ができるまで

求人コーチのヒアリング
オーナー、担当者の方と打合せをし、会社案内に必要な情報を
ヒアリングさせて頂きます。
ヒアリングは下記の内容が主になります。

・サロン(会社)の理念、沿革
・オーナー(経営者)の想い
・サロンの強み
・欲しい人材
・育成プラン
・年間行事、イベント等
構成のご提案&お見積もり
会社案内の構成をご提案させて頂きます。
サイズ、紙、ページ数を用途や内容に合わせて決定し
お見積もりをご提示致します。
撮影&取材
この作業がビューティープロの強みです。
取材した内容を元に、項目ごとに内容を整理し、
原稿を書いて行きます。
美容室専門の求人コーチの腕の見せ所です。

主な項目は
・サロン(会社)の理念、沿革
・オーナー(経営者)の想い
・サロン紹介
・スタッフ紹介&インタビュー
・育成プラン
・年間行事、イベント
・サロンの強み
・募集要項
デザイン・制作
ここからがデザイナーの仕事です。
求人コーチがデザイナーに整理した内容を伝えます。
ビューティープロのデザイナーは美容室専門の広告を数多く手がけるデザイナーです。
サロンのブランドディングを考え制作します。
初稿出し
デザインが出来上がったらサロンの担当者にご確認、
校正をお願いします。
紙に印刷した状態でお渡しします(「ゲラ」と言います。)
修正は基本的にはメール、FAXで頂きます。
修正
修正をします。
入稿
修正を確認頂きOKを頂いたら入稿致します。
印刷
印刷をします。
納品
入稿~印刷~納品まで、最短で3日~
※短納期の場合は加算料金を頂きます。

2014年7月 9日

求人ホームページ

求人ホームページ求人に強くなりたいサロンにおススメです!
求人専用のホームページを是非作りませんか!

現在あるホームページの求人ページをご覧になって下さい。情報は十分といえますか?それを見て求職者が果たして応募したいと思うのでしょうか?・・・

本当に求人情報の少ないホームページが多いと思います。それでは、これからの求人難を乗り切る事は難しいでしょう。ビューティープロは培った求人ノウハウを元に、他のサロンより明らかに情報量も多く、内容が整理された求人専用のホームページを作成致します。

求人ホームページができるまで

求人コーチのヒアリング
オーナー、担当者の方と打合せをし、
求人ホームページに必要な情報をヒアリングさせて頂きます。
ヒアリングは下記の内容が主になります。

・サロン(会社)の理念、沿革
・オーナー(経営者)の想い
・サロンの強み
・欲しい人材
・育成プラン
・年間行事、イベント等
構成のご提案&お見積もり
求人ホームページの構成をご提案させて頂きます。
応募に「エントリー」させて頂く事がゴールですので、
いかに「エントリー」に持って行くかが肝になります。
撮影&取材
求人ホームページは写真が命です。(求人ホームページに限りませんが) プロのカメラマンがサロンの外観、店内、スタッフさんの撮影に伺います。 オーナー(経営者)も撮影しましょう。
サロン(会社)の雰囲気にあった服装でお願いします。
(服装もアドバイスさせて頂きます)
そして、求人コーチがスタッフさんの取材に伺います。ビューティープロは「現場の声」を反映させる事を大切に考えています。
取材内容の整理
この作業がビューティープロの強みです。 取材した内容を元に、
項目ごとに内容を整理し、原稿を書いて行きます。
美容室専門の求人コーチの腕の見せ所です。

主な項目は
・サロン(会社)の理念、沿革
・オーナー(経営者)の想い
・サロン紹介
・スタッフ紹介&インタビュー
・育成プラン
・年間行事、イベント
・サロンの強み
・募集要項
デザイン開始
ここからがデザイナーの仕事です。
求人コーチがデザイナーに整理した内容を伝えます。
ビューティープロのデザイナーは美容室専門の広告を数多く手がけるデザイナーです。サロンのブランドディングを考え制作します。
デザイン作業
まずは紙ベースのデザインを作成します。(ホームページの場合、
1ページがA4サイズに換算して2ページ程度が目安になります)
デザインが出来上がったらサロンの担当者にご確認、校正をお願いします。紙に印刷した状態でお渡しします(「ゲラ」と言います。) 修正は基本的にはメール、FAXで頂きます。
コーディング
紙ベースでOKを頂きましたらコーディング作業に入ります。
お客様にホームページの効果を感じていただく上で
SEO対策はかかせません。
コーディングの段階で実績のあるSEO対策を施し
ホームページを作り上げていきます。
最終確認
仮に公開したホームページをご確認頂き、最後の修正を頂きます。 サイト全体の完成後、全ページの微調整を行います。
お客様の納得いくサイト、求人効果が期待されるサイトとなるための最終チェックを行っていきます。
納品&公開
公開をします。
納品&公開
SEOランクチェック及び診断などの効果測定を行うことで、
効果のあるホームページを維持します。

求人ホームページのコンテンツに動画の掲載をおススメしています。
大がかりでなくてもスマホでもカンタンに撮影できます。但し、あなたのサロンが少し上質さをウリにされているようでしたらプロのカメラマンに撮影を依頼される事をおススメします。
当社までお気軽にご相談下さい。

制作例


arte HAIR arte HAIR 求人ホームページ
http://salon-recruit.jp/artehair/


株式会社ビーズ株式会社ビーズ 求人ホームページ
http://www.bs-group.co.jp/recruit/index.html


はっとり美容室有限会社はっとり美容室 求人ホームページ
http://vancouncil.com/recruit/


求人ホームページの良くある質問

Q:今のホームページを全部変えないと行けないのですか?
A:求人ホームページは全て変える必要はありません。
今あるホームページに新たに「求人ページ」を追加するイメージです。

Q:月々のランニングコストはかかるのですか?
A:今あるホームページのサーバー上に公開する場合はランニングコストはかかりません。
新たに求人専用のドメインを取得する場合は別途費用がかかります。

Q:スタッフの入れ替えとか年度が変わった時はどうしたら良いですか?
A:修正致しますのでご安心下さい。当社でサーバーを管理させて頂く場合はスタッフ画像の
入れ替え、文章の簡単な修正などでしたらメンテナンスの範囲で作業させていただきますので、
別途修正費は頂きません。
また、費用が発生する場合は最初にご説明&お見積もり致しますのでご安心下さい。

※ビューティープロのホームページはスマホ、ipadに対応しています。
※価格は仕様により異なりますのでお問合せ下さい。

2014年7月 8日

美容師になろう!

美容師になろう!LINE@を開始!
友だち追加数

美容師になろう!netも同時OPEN!

logo.jpg


「美容師になろう!」東海版を2009年より、関東版を2016年より発行しています。
東海地方(愛知・三重・静岡・岐阜)、関東地方(東京・神奈川・千葉・埼玉・北関東)のサロンの求人情報を掲載し、全国主要の美容専門学校や、全国の一部の高校へ配布しています。
新卒採用のツールとして、サロンと求職者の架け橋として大きな役割を担っています。


「美容師になろう!」 美容師になろう!

『美容師になろう!』は、美容師に限らず、「ネイリスト」「アイデザイナー」「エステティシャン」「レセプショニスト」「ビューティーコーディネーター」などの職種も掲載されています。

「美容師になろう!」本誌について。

全国(一部地域を除く)の美容学生さん中心に、東海地方&関東地方のサロンの求人情報をお届けします。

「美容師になろう!」は理念・教育に機軸を置いた就職情報誌です。

■創刊 2009年1月19日(東海版)2016年5月(関東版)
■発行 年2回(5月、11月)
■サイズ A4無線綴じ
■掲載エリア 東海版(愛知・三重・静岡・岐阜)、関東版(東京・神奈川・千葉・埼玉・北関東)
■発行部数 70,000部(東海版)、9000部(関東版)
■配布先 東海、関東、関西、北陸、北信越、九州、沖縄、北海道の美容学校、イベント会場など。

「美容師になろう!」への想い

私は、大手求人誌の営業マンを経て美容業界の人材確保、育成、集客のサポートの会社を立ち上げました。
どうして美容業界に特化したのかと申しますと、
大手求人誌の営業マン時代、美容室の求人に多く関わったり、大手美容室検検索サイト『ビューティナビ東海版』の立ち上げに関わる中で、美容師さんの純粋さ、ひたむきさ、愛すべき個性的なキャラクターに魅かれ、そして、何と言っても、美容師という『人を美しくして感謝される』という類まれな素晴らしい職業をとても応援したくなりました。

が一方で、業界が抱える問題点を知るにつけ、何とか解決する為の力になれないだろうかと思うようになりました。 今更、数字のデータを持ってきて説明するまでもなく、
美容業界は人材危機の問題に直面しています。

●少子高齢化の影響もあり、美容師になりたい子供が少ない
●美容学校へ進学し、国家試験をパスしたのに美容師にならない。
●せっかく美容師になったのに、すぐに辞めて二度と美容師に戻らない。

私としては、こんな美容業界にとって嘆かわしい状況を傍観しているわけにはいきません。
美容師という職業をありのままに伝え、美容師になりたいと思う人を増やし、
美容師を増やし、美容業界を活性化していきたい!

その為に、なにかやらずには居られない・・そんな想いの結集として『美容師になろう!!』を創刊いたしました。 一目瞭然、その名もズバリ!私の中では、このタイトル以外は考えられませんでした。
現在のこの状況を生み出したのは、長年の美容業界の歴史にも問題があるのだと思います。
ただ、過去を変えることは出来ません。

未来を変えて行きましょう。美容師さんはじめ美容業界に携わる皆でこれらの問題に向き合い、
解決していくべき力を合わせましょう。

私共は、ただサポートするしか、『機会』を作ることしか出来ないかもしれませが、
是非、この『美容師になろう!!』を通して、多くの読者、美容師さんの共感を得て、
美容業界と共に 成長していきたいと思います。
そして、一人でも多くの美容師になりたい人を増やし、美容業界を盛り上げていきましょう!

株式会社ビューティープロ
代表取締役  荒井由美

※詳しくは「美容師になろう!」HPをご確認下さい。
美容師になろう!

2014年7月 7日

美容師に戻ろう!

美容師に戻ろう!

「美容師に戻ろう!」は主にママ美容師さんとサロンを繋ぐ架け橋です。
こちらにご掲載し出会いの機会を作られる事をおススめします。
いきなり応募は・・・と迷っておられる美容師さんに当サイトの求人コンシェルジェがサロンをご紹介致します。

「美容師に戻ろう!」 転職・再就職・ブランクのある美容師さんを応援する「美容師に戻ろう!」専門のインターネット媒体
■サービス開始 2015年2月27日
■掲載エリア 愛知/三重/静岡/岐阜

※成果報酬ではございません。掲載型の求人サイトです。
※ご掲載料金は「美容師に戻ろう!」HPをご参照下さい。

美容師に戻ろう!

2014年7月 6日

安心経営のカギは、ズバリ!「人材教育」です。

人材教育美容業界は教育産業とも言われています。例えば、美容学校で2年間勉強をしサロンに就職するいわゆる「新卒」と言われる人材を採用した場合を考えてみましょう。美容学校で一通りの事は教えてもらい、国家試験に合格したものの、サロンに就職して、即、カットができるか、カラーができるか、と言うとそんな事が無いのが現状です。もっと言うとお客様としっかり会話ができるのかというと、それすら危ういのが現状です。

今の若者は平気でお客様と「タメ口」をきいてしまいます。それが「よろしくない事」と知らないのです。

という事は「タメ口をきくことは、よろしくないのですよ」という事を教えないと行けません。さらにややこしいのが「タメ口なんかきくんじゃない!」と怒鳴ってはダメなのです。「なぜタメ口をきいてはいけないの」かをしっかり考えさせ自分で気付かせないと行けないのです。今の時代に合った教育が必要なのです。

それは「主体性を持たせる」簡単に言いますと「自分で考えさせる」そして「自分で答えを導かせる」教育です。乱暴に「そんなことはダメだ!」と怒鳴り散らすと、次の日からもうサロンに来なくなり、親から「辞めさせます」という電話がかかってきてしまいます・・・

頭を抱えないで下さい。それが現状なのです。

「人材教育」は昔と同じやり方ではダメです。40代、50代の経営者の方が自分が育ってきたような教育をして、何人スタッフが辞めて行った事でしょう。

いちど数えてみて下さい。

ただ、昔はそれでも良かった。何故ならば求人広告を出せば代わりの人材はいくらでも見つかりました。でも、今の時代は違います。試しに求人広告を出してみて下さい。1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月・・・全く反応がなく、驚かれることでしょう。そして、怒鳴って辞めさせた事を後悔する事になるのです。

ビューティープロの提唱する「人材教育」とは、今の時代に合った「人材教育」です。
それはイコール「人が辞めないサロン作り」「人が生き生きと働けるサロン作り」に他なりません。
「人がいつ辞めるかどうかわからない・・」そんな状態では毎日不安で仕方ありません。
安心して経営に取り組むためには今の時代に合った人材教育を取り入れ、人が辞めないサロンにチェンジし安心して夜もぐっすり寝られる経営にシフトしましょう。

サロン教育コーチ

サロン教育コーチコーチとは、教えるのではなく、導く人。
「教育コーチ」とはサロンの人材育成における様々な問題点を客観的な視点からピックアップし主体性を引き出し、一人ひとりが主体性を持って仕事に取り組み人生を送る事ができるよう導きます。サロンの活性化に繋げます。

最大のテーマは「主体性を引き出す」

3年以内の燃え尽き離職が多い美容師という職業。様々な要因があると思いますがそのひとつの原因に主体性の欠如があるのではないでしょうか。

「美容師になろう!」と決めたのは、他の誰でもない、その人自身。なのに、環境や他人のせいにして辞めてしまう。何のために美容師になったのか、夢を思い出してみよう。そして、仕事とは、人生とは、目標とは、等をしっかり考え、主体性を持った有意義な人生を送る為にはどうしたら良いのか学び、自分を変えてみよう。

また、経営者・幹部の皆さん、スタッフの文句を言う前に自分の胸に手を当てて考えてみましょう。今のサロンの状態を作り出しているのは経営者の責任に他なりません。経営者こそ、主体性を発揮しないといけません。うまくいかない事をスタッフのせいにする経営者の方、残念ながら多いと思います。主体性がないサロン経営に未来はありません。

いま一度、原点に立ち戻り、考えてみましょう。

サロン教育コーチは完全オーダーメイドです。
お気軽にご相談下さい。

メールでのお問合せ・ご相談はこちら

人が辞めないサロンづくり

ビューティープロは求人コーチとして人材採用においてのスペシャリストを目指しています。が、実は問題は入口ばかりではありません。

人が採用できても、ザルのように人が辞めていっては何の意味もありません。10人新卒が入社した!でも2カ月で2人辞めた。1年たったら5人しか残っていない。
こんな話を聞きますが、恐ろしい事に特別な話ではないという事です。
辞めていったスタッフ、サロン、双方にとって不利益で何も良い事はありません。

「人が辞めたくなる」ポイントがあります。

まず、入社して数日後、こんなはずではなかった!と理想が大きいだけ現実とのギャップにうちひしがれます。
そして、GW明け、美容師さんは仕事ですが、GWを取っている友達と接し、色々な情報交換をした時に、自分が損しているような気持になります。また、1ヶ月経つと今までは緊張から気持ちを張りつめていたのですが、緊張からすこし気の緩みが出て、急にストレスを感じるようになります。いわゆる「5月病」です。

その様なポイントを知り、声をかける、話をするなど、あらかじめ対策を講じる事が大切です。
「人が辞めないサロン」とは簡単に言うと、良いコミュニケーションが取れているサロンに他なりません。自分本意ではなく、相手の立場に立ったコミュニケーションが大切です。サロンのコミュニケーションを見直してみましょう。

~こんなサロンオーナーさんに~
・スタッフ人数が15人未満。
・今まで採用した新卒の定着率が悪い。
・これから新卒を定期採用し、しっかり育てて行きたい。

サロン教育コーチが定期的に訪問し人が辞めないサロンへ導きます。
まずはヒアリングから始めましょう。

メールでのお問合せ・ご相談はこちら

サロン教育セミナーのご案内ビューティープロではコーチとは別に各種セミナーを開催しています。
ビューティープロビジネスカレッジをご確認下さい。

ビューティープロビジネスカレッジについて詳しくはこちら

2014年7月 5日

荒井由美 yumi arai

株式会社ビューティープロ 代表取締役 荒井由美■プロフィール
株式会社ビューティープロ 代表取締役
静岡県浜松市出身。専修大学卒業。専門は求人からサロン経営を考える現場派サロンコーチ。

リクルート求人広告のトップ営業マンとして活躍。
一般企業、人材派遣業、飲食・アパレル・アミューズメント等のサービス業など業種を問わず数多くの求人広告を手がける。
その中でも特に美容室の求人を得意とし、求職者への訴求効果の高い求人広告を数多く掲載。その根底にあるスキルは取材力。

そして経営者の想いをカタチにする発信力。イチ言えば十を理解してくれる頼りになる営業マンとして評判を呼ぶ。そして、美容室取扱件数が東海エリアの営業マンの中でもトップ3に入る。求人だけでなく、集客でも美容室のお役に立ちたいと2006年2月インターネット集客サイトの元祖である「ビューティーナビ」の東海版を立ち上げる。

わずか半年で軌道に乗せ、2008年3月に理美容業界に特化した事業で起業。美容師専門求人サイト「美容師求人ドットコム」、新卒求人誌「美容師になろう!」を創刊。2008年創業。2012年株式会社ビューティープロを設立。サロンコーチという立場で美容室経営をサポートする。

2013年11月、PHP出版より11人の女性経営者共著で「11人のシンデレラ」を出版。2人の子供を育てながら紆余曲折を経て起業したいきさつを披露し、女性のワークライフスタイルを提唱している。

森令子 reiko mori

森令子■プロフィール
人材教育、人材派遣を手がける株式会社エムアンドプラス代表取締役。
愛知県名古屋市出身。淑徳大学卒業。専門は接客を必要と知るサービス業における接客接遇セミナー講師、人材教育コーチ。美容業界は2008年より関わるようになる。

1995年日本橋高島屋本店2階特選「フェラガモ」ショップ店長として活躍。
フィレンツェ本店の売り上げを抜き、最優秀販売員賞を受賞。
在籍中の7年間は日本国内一位の販売売上をキープ。
日本の皇室、海外要人の接客も担当。

2001年トレーニングマネジャーとして、イタリア本社と連携を取りフェラガモジャパン研修プログラムを確立し採用に関わる。退社後はイタリア留学をし、愛知万博のイタリア館のトレーナー&管理者として活躍。その後名古屋で起業し、職業訓練校の講師を努め、一流ブランド業界幹部クラスの教育を担当、セミナー講師として活躍するなど、活動の場は幅広く、「時代に合った接遇力」を提案している。2012年5月、PHP出版社より「ケタ違いに売る人の57の流儀」を出版。

<美容業界における実績>
2013年5月売れる接遇力セミナー、2013年8月美容室経営者向け接遇セミナー、
11月オープニング美容室スタッフ教育、2014年3月美容室新人研修など多数。

2014年7月 4日

売上がアップするカギは、ズバリ「集客力」です。

ビジネス力売上を上げていくために、その方法のひとつとして「集客力」をアップしようということですが、現状ではかなり難しいと感じていらっしゃる方が多いのではないでしょうか。

それも、ある意味当然。人口は年々減少していきますし、それに対してサロン数が増加していけば、単純に一店舗あたりの顧客数は減り続けていくからです

では、どうすれば良いのでしょうか?

この「集客力」の言い方を変えると「サロンの魅力を正しく伝え、お客様にご来店していただく力」だと思います。さらに、「サロンの魅力」を言い変えると、「何故、このサロンに来なければいけないのかという理由」となります。

ですから、集客が上手くいっていないサロンというのは、この「お客様が自サロンに来なければいけない理由」というのが曖昧で、上手く表現出来ていないケースが多いように感じます。

「うちはそんなことはない」と思われた方もいらっしゃると思いますが、集客力のメインは「価格訴求」だったりすることが多いのではないでしょうか。つまり、「うちは他より安いよ」というのが来店理由。もちろん、それはダメだと言いたい訳ではありませんが、サロンが継続的に売上を上げていくためには、新規でご来店いただいた後も、しっかりリピートしていただかなくてはいけません。なのに、「安いから」が来店理由のお客様に再びリピートしていただくのは相当大変なのではないでしょうか。

それよりも、「自分たちが本当に求めているお客様」を明確にして、そのお客様に「手紙」でも書くような気持ちで「サロンの魅力」を構築していきましょう。

そして、その魅力を「スタッフ全員」がしっかりと認識している状態をつくり出していきましょう。そうすれば、きっとサロンの「集客力」もアップしていきます。

私たちビューティープロが「売上アップコーチ」としてお手伝いします。

集客コーチ(売上アップコーチ)

集客力集客力をアップし、お客様の集まる仕組みを作る。

■料金/月額 100,000円~(消費税抜き)
■期間/1年間

※月2回サロンを訪問致します。(応相談)
※集客に必要な販促ツール制作を特別価格で制作致します。

場当たり集客から計算された集客へチェンジ!

戦略なき「お客様を集める」努力を続けるのは、お金・時間・エネルギーを考えてもかなり大変なことです。だとしたら「お客さまが集まる仕組み」を作りましょう。

集客力のアップは「己を知る」ことから始まります。正しい現状の把握、課題の洗い出しが集客力アップの第一歩です。プランを設定し、実行検証を繰り返すことにより、独自のノウハウの蓄積を行います。場当たり的な集客から計算された集客にチェンジしましょう。

また、一方でザル状態の顧客流出から高リピート率サロンにチェンジすることも大切です。
人口の減少はもはや止められない現象です。そんな状況下、新規顧客の獲得はだんだん
難しくなってきます。いつまでも、値引きクーポンをで新規顧客を集める方法に頼っていては、いつか限界が来る事でしょう。少ない新規顧客でもしっかりあなたのサロンの顧客にする仕組み作りが必須です。まだ、新規顧客が獲得できている今だからこそ、顧客化に取り組み、サロン体質をチェンジしましょう。

基本の流れ

ビューティープロの集客コーチは経験15年のスゴ腕コーチです。
コーチ紹介はこちら

集客ツールご紹介

ビューティープロは集客力アップ=売上アップするツールをご用意しています。
おススメしているのは、今の時代主流にあったサロンの特性に応じて企画ご提案させて頂く販促物です。販促物に関しましては新規集客だけでなく、顧客化、リピート率アップの為に大いに活躍してもらえるツールをご提案させて頂きます。

販促物制作私たちビューティープロには、美容業界に特化し、サロンの「現場」で皆さんと一緒になってやってきた「実績」と「ノウハウ」があります。良く見かけるのが「他のサロンがうまくいったから真似をするという事。

真似をするのは良いのですが、他のサロンとあなたのサロンは商圏も違えば規模もコンセプトも違います。全く同じでうまくいくはずがありません。ただ単に「他のサロンがこうだから」などと簡単に考えていては、知らないうちに「機会損失」をしているかもしれません。販促物はあくまでも「ツール」です。しっかり「どんな結果を出したいのか?」という目的を明確にしてから制作していきましょう。

販促物制作

売上アップコーチを受けたお客様の声をご紹介します

7000万円/年の売上が1年以内に1億円/年突破された
サロンオーナーの声をご紹介致します。

コーチ開始時、2011年3月 2店舗 スタッフ20名 売上約7000万円
2011年12月に売上1億円突破、2013年スタッフ30名 売上約1億2000万円
その後も順調にスタッフ数、売上共に成長し2015年3月3店舗目を出店予定。

2014年7月 3日

ビューティープロビズネスカレッジ開講にあたり

ビジネスカレッジ先行き不安な経済環境、4人に一人が60歳代という少子高齢化や人口減少等の影響で、今後美容室経営が厳しくなることは必須。人材確保、集客の双方においてますます厳しくなると思われます。ただ、これを「変わるチャンス」と思うか否かで大きくサロンの未来は変わってきます。

ここ数年でその事を予感するかのように、一気に美容業界に変化が現れて来ました。美容室=ヘアサロンからの脱却。トータルビューティー化へと業態の変化が見られます。雇用環境においても待遇面の改善が進みました。中には一般企業の新卒者並みの初任給を出すサロンも現れました。時代の変わり目の今だからこそ、長年の美容業界に積もり積もって先送りされてきた問題点を解決するべき時が来たと思います。

業態が変化し、雇用環境が改善されてきたとはいえ、
美容業界はまだ様々な問題点を抱えています。

「離職率の高さに象徴される難しい人材育成」
「アットホームという、実は幼稚な仲良し集団」
「美容業界の事しか知らない世間の狭さ」
「多くが憧れ、夢から美容業界に入ってくる為、社会人意識が低い」
「無計画で場当たり的な経営」等・・・

それらの問題点の原因は何でしょう。
ビューティープロでは議論を重ねました。そこで、ある1つの結論に行きつきました。

「ビジネス思考、ビジネス意識が欠落している」

という事ではないでしょうか。
サロン経営は立派なビジネス活動です。
なのに、感覚や感情で経営されているケースが多いと思われます。
既にビジネスとして成功されているサロンも多く、中規模サロンの中にも「一般企業並みの雇用環境を創り出す」という目標を掲げるサロンも多くなりました。美容学校や美容学生側の意識も変化し、企業としてサロンの良し悪しを判断する傾向が年々強くなっています。

今こそサロン経営に求められるスキルは

「ビジネス力」

そこで私たちは「ビューティープロビジネスカレッジ」と命名し、「ビジネス力」が身に付くセミナーや勉強会を持つ場を作ることにしたのです。

サロン経営者、幹部の皆様、ビジネス力を付け、「家業から企業へ」チェンジさせましょう。

では具体的に「ビジネス力」とは何でしょう?
ビューティープロがサロン経営に必要とされるビジネス力を下記に紹介します。

■しっかりとした言葉使い、立ち振る舞いが出来る能力
(外に出ても恥かしくない礼儀、品格)
■サービス業としてお客様にしっかり接客できる能力
(型通りでない、時代にあった接客を取り入れる)
■社会人として自分の言動に責任が取れる能力
(主体性を持った考え方を身に付ける)
■他のメンバーや顧客とのコミュニケーションを取る能力
(場面や相手に対応した気持ちの良いコミュニケーション)
■部下もしくは後輩の悩みを解決し育成できる能力
(単なる仲良しの関係ではなく、肝心な事を把握できる)
■会社(サロン)の方向性を理解し、目標達成に向けて行動できる能力
(目標、行動の可視化、管理、チェック、振り返り)
■パソコンやメールを使いこなす能力
(ビジネス文書が書ける。ビジネスメールのやり取りが出来る)

そこで、私たちは、経営者、経営幹部対象のセミナー、プログラムをご用意していきます。
「ビジネス力」を付け、「ビジネス力」のあるリーダーを育成し、スタッフが幸せな人生を送れるよう、サロン経営をより強固なものとしましょう。

ビューティープロビジネスカレッジ

講師:森令子<テーマ>接客トレーナー養成講座
全6回
講師:森令子
対象者:美容室幹部、トレーナー候補

美容業界におけるビジネス力の基本中の基本。
接客について学ぶ事はとても大切です。
お客様の満足度も接客の良し悪しで左右されると言っても
過言ではありません。

最近良く耳にする言葉が「差別化」です。ウチのサロンは他のサロンとどこが違うのか。どこが強みなのか。技術が上手い事は大きな強みですが、もはやそれだけではお客様を呼べません。

感じが良くて、いるだけで気分が良くなりまた来たくなる。サービスにおいてここのサロンは他とは違う、と感じて頂く事が大切です。それは「接客のいいサロン」です。
サロンの強みを作る時に有効なのが「接客力」。そして接客力を高めるには毎日の積み重ねも大切です。サロンの皆さんは技術の練習は日々されるのに、接客の練習はされていないのではないでしょうか。そこで、ビューティープロビジネスカレッジではサロンの幹部、または適性のあるスタッフを「接客トレーナー」に育成する講座を開設する事にしました。

この講座では今の時代に合った「新しい接客」を学び、身に付けて頂きます。そして学んだ事を基本に是非、あなたのサロンらしさのある接客を築き上げて下さい。

※詳細は後日アップ致します。

メールでのお問合せ・ご相談はこちら

2014年7月 2日

サロン開業支援

開業支援私たちビューティープロが関わらせていただいたサロンオーナーから「自分のサロンを創るのが『夢』だった。」とお話いただくことは少なくありません。確かに、この業界に入られた時から夢見ていたのかもしれませんが、サロンをオープンして夢物語は終わるわけではありません。それが「はじまり」なのです。なのに、サロンを創ることに全力で、オープンしてからのプランがおろそかになっているオーナーも少なくないのが事実。

そこで私たちビューティープロでは、オーナーの夢である「サロン」がより良いスタートを切っていただくための「開業支援サービス」をご用意させていただきました。

このオープン準備期間に潜む「落とし穴」をちゃんと認識していただきながら、しっかりサロンの「オープン」をサポートしていきます。また、ありがちなオープンしたら後は知らない」ということはなく、オープン後のサポートもさせていただきます。

私たちビューティープロは「現場」にこだわり、多くのサロンさんと共に成長してきました。ビューティープロならではの豊富な経験や、そこから生まれたノウハウでしっかりサポートさせていただきます。是非一緒に、オーナーの「夢」を確かなものにしていきましょう。

2014年7月 1日

販促物制作

販促物制作「どの会社に販促物をお願いしたら良いんだろう?」

サロンオーナーなら一度はこのように悩まれた方もいらっしゃるのではないでしょうか?その気持ちわかります。制作するだけならどの会社でも出来るからです。でも、本気で「売上げをあげたい」「結果を出したい」とお考えなら、私たちビューティープロにお声かけください。

私たちビューティープロには、美容業界に特化し、サロンの「現場」で皆さんと一緒になってやってきた「実績」と「ノウハウ」があります。ポイントカードにしても、ただ単に「他のサロンがこうだから」などと簡単に考えていては、知らないうちに「機会損失」をしているかもしれません。販促物はあくまでも「ツール」です。しっかり「どんな結果を出したいのか?」という目的を明確にしてから制作していきましょう。

そうすれば、「ツール」たちは最高の仕事をしてくれます。

制作の流れ

基本的な制作の流れ

お問い合わせ
まずは、お気軽にお問い合わせください。
メールでのお問い合わせ・ご相談はこちら
お打ち合わせ
ご連絡内容にもとづきお打ち合わせをさせていただきます。基本的には、お電話でのお打ち合わせになります。また訪問可能場所(愛知県・三重県・岐阜県)でしたらご訪問させていただくことも可能です。
お見積もり
お打ち合わせの内容にあわせて、お見積りさせていただきます。
お申込み
ご納得いただけましたら、お申込みください。
不明な点などございましたら、遠慮なくご質問ください。
素材等のご提出
素材(文章・写真)等をご準備ください。
(内容によっては、こちらでご用意させていただきます。)
デザイン提出
素材が揃い次第、デザイン制作を開始させていただきます。
完成次第、提出させていただきますのでご確認ください。
修正(修正は2回まで)
修正箇所がございましたらご依頼ください。(修正は2回まで)
デザイン決定(校了)
修正後、完成デザインを提出させていただきます。
最終確認をお願いします。
印刷・加工
最終確認後に、印刷・加工に入らせていただきます。(通常、納期は校了後、約1週間です。納期についてはご要望にお応えします。)
納品
納品(クロネコヤマト・佐川急便にて)

制作物

名刺~チラシ、ホームページまであらゆる制作物に対応致します。

サロンの「こうなりたい」というゴールをお伺いしてビューティープロからご提案させて頂く事も可能です。
※制作物は多数ございます。お気軽にご相談下さい。

制作物一覧

制作物◆名刺・紹介カード
◆ショップカード
◆各種DM
◆リーフレット
◆チラシ
◆ホームページ

FAQ

faqQ:販促物のコストはいくらかかりますか?
A:制作物の内容や、必要数によって、コストも大きく変わってきてしまいますので、お打ち合わせ後にお見積りをさせていただきます。もしくは事前に予算をお伝えしていただければ、予算の範囲内で最も効果の高い提案をさせていただきます。

Q:打ち合わせはサロンまで来ていただけますか?
A:訪問可能(愛知県・三重県・岐阜県)場所なら訪問させていただくことも可能です。それ以外は、基本お電話とメールでのお打ち合わせでお願いしております。

Q:写真撮影とかもしてくれますか?
A:はい。弊社と提携している美容業界に強いカメラマン(有料)が担当させていただきますのでご安心ください。

Q:デザインから納品までにかかる日数はどのくらいですか?
A:基本的には、お見積り後1ヶ月ぐらいを予定しておりますが、制作物の内容や必要数によって大きく変動する場合もございますので、その都度ご相談させていただきます。もちろん、お急ぎの場合も対応させていただきますので、是非ご相談ください。

Q:制作にあたり、文章や画像はこちらで用意しなければいけないですか?
A:お手持ちの画像や過去の制作物に使用されている文字原稿などをご用意いただけると制作はスムーズに進行します。但し、場合によっては新たに撮影させていただいたり、ヒアリングさせていただいた後、原稿をご用意させていただくことも可能です。内容によっては、別途費用が発生しますのでご了承ください。

Q:支払いについて教えてください。
A:原則制作物が完了した時点でご請求書を発行させていただきますので、御社の支払いサイトにて指定の口座への銀行振り込みにてお支払いください。但し、制作着手から納品までが長くなる場合、費用の総額が50万円を超える場合は着手時、納品時と2回に分けてお支払いをお願いする場合がございます。

Q:制作したデータはいただけますか?
A:印刷案件の原則として、弊社では制作データのお引き渡しは行っておりません。弊社でご提示させていただくお見積りは紙媒体の印刷現物に関する企画・制作・印刷費で、データのお引き渡し費用は含まれておりません。(データ引き渡し対応については、著作者の著作権や使用許諾権が法的に保護され、意匠の変更や無許可の使用はできません。弊社では一般的な傾向と心得ております。ご了承ください。)

メールでのお問合せ・ご相談はこちら

その他求人に強くなる制作物

会社案内制作

image求職者に伝わりやすい会社案内を制作しましょう!
求人活動のツールとして欠かせないのが会社案内です。

会社案内を作る目的は自社(サロン)の事を求職者に知って頂く事ですが、ここで大切なのは「何を知って頂くか」と言う事。

ただ、作るのではなく、会社案内を作る過程において、改めて自社(サロン)の強みや特徴を認識し、何をどう伝えるのか一緒に考え、単なるカタログではなく、想いのこもった会社案内を作成しましょう。

会社案内制作

※会社案内を制作する前に・・
理念や強みが明確でないサロン様に「求人の為のサロンブランディンク」を受講される事をおススメしています。

求人ホームページ

求人ホームページサンプル求人に強くなりたいサロンにおススメです!
現在あるホームページの求人ページをご覧になって下さい。情報は十分といえますか?それを見て求職者が果たして応募したいと思うのでしょうか・・・?
本当に求人情報の少ないホームページが多いと思います。それでは、これからの求人難を乗り切る事は難しいでしょう。ビューティープロは培った求人ノウハウを元に、他のサロンより明らかに情報量も多く、内容が整理された求人専用のホームページを作成致します。

ビューティープロのホームページはスマホ、ipadに対応しています。 価格は仕様により異なりますのでお問合せ下さい。

求人ホームページ

メールでのお問合せ・ご相談はこちら

必読!“無料”小冊子進呈中!

毎月限定5冊“小冊子”無料進呈中!!美容室経営で成功している人だけが知っている求人のノウハウが分かる必読の一冊!