安心経営のカギは、ズバリ!「人材教育」です。

人材教育美容業界は教育産業とも言われています。例えば、美容学校で2年間勉強をしサロンに就職するいわゆる「新卒」と言われる人材を採用した場合を考えてみましょう。美容学校で一通りの事は教えてもらい、国家試験に合格したものの、サロンに就職して、即、カットができるか、カラーができるか、と言うとそんな事が無いのが現状です。もっと言うとお客様としっかり会話ができるのかというと、それすら危ういのが現状です。

今の若者は平気でお客様と「タメ口」をきいてしまいます。それが「よろしくない事」と知らないのです。

という事は「タメ口をきくことは、よろしくないのですよ」という事を教えないと行けません。さらにややこしいのが「タメ口なんかきくんじゃない!」と怒鳴ってはダメなのです。「なぜタメ口をきいてはいけないの」かをしっかり考えさせ自分で気付かせないと行けないのです。今の時代に合った教育が必要なのです。

それは「主体性を持たせる」簡単に言いますと「自分で考えさせる」そして「自分で答えを導かせる」教育です。乱暴に「そんなことはダメだ!」と怒鳴り散らすと、次の日からもうサロンに来なくなり、親から「辞めさせます」という電話がかかってきてしまいます・・・

頭を抱えないで下さい。それが現状なのです。

「人材教育」は昔と同じやり方ではダメです。40代、50代の経営者の方が自分が育ってきたような教育をして、何人スタッフが辞めて行った事でしょう。

いちど数えてみて下さい。

ただ、昔はそれでも良かった。何故ならば求人広告を出せば代わりの人材はいくらでも見つかりました。でも、今の時代は違います。試しに求人広告を出してみて下さい。1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月・・・全く反応がなく、驚かれることでしょう。そして、怒鳴って辞めさせた事を後悔する事になるのです。

ビューティープロの提唱する「人材教育」とは、今の時代に合った「人材教育」です。
それはイコール「人が辞めないサロン作り」「人が生き生きと働けるサロン作り」に他なりません。
「人がいつ辞めるかどうかわからない・・」そんな状態では毎日不安で仕方ありません。
安心して経営に取り組むためには今の時代に合った人材教育を取り入れ、人が辞めないサロンにチェンジし安心して夜もぐっすり寝られる経営にシフトしましょう。

必読!“無料”小冊子進呈中!

毎月限定5冊“小冊子”無料進呈中!!美容室経営で成功している人だけが知っている求人のノウハウが分かる必読の一冊!